<< <八ッ場ダム>千葉県の負担金差し止め訴訟 市民団体側敗訴(毎日新聞) | main | 虐待防止へ親権一時停止制度など提言(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


滋賀・草津にイチゴ香る商店街 立命大構想 空き店舗に栽培工場(産経新聞)

 立命館大生命科学部(滋賀県草津市)の久保幹(もとき)教授(環境微生物学)の研究グループが、JR草津駅前の商店街の空き店舗に、イチゴの植物工場を設置できるよう草津市に提案していることが19日、分かった。不況で目立ちつつある空き店舗にイチゴを実らせ、甘い香りの漂う「イチゴの商店街」として活性化を目指す構想で、市も前向きに検討している。

 立命館大はすでに、同市内のびわこ・くさつキャンパスで約50平方メートルの植物工場を建設。昨年11月からイチゴ約180鉢の有機栽培に取り組み、近く初収穫が見込まれている。

 植物工場は建物内で温度や光などの環境を人工管理して野菜や果物などを栽培するシステム。天候や季節に左右されることなく計画的に生産できるため、新たな農業形態として経済産業省などが補助金を出して推進している。

 久保教授は、大学の研究を地域活性化に生かそうと商店街に着目。空き店舗に有機栽培の植物工場のショールームを設置し、栽培したイチゴを販売する構想を市産業振興部に提案した。久保教授は「イチゴは年間を通して需要がある。工場栽培はコストは高いが、安心・安全なイチゴが身近な場所で育てられれば生産者、消費者双方の利益となり、商店街の活性化にもつながる」と説明。大学には、県外自治体から問い合わせが寄せられ、視察も訪れているという。

 草津市は人口の増加が著しく大型ショッピングモールの開業が相次ぐ一方、市中心部の商店街は、約1割が空き店舗となっている。橋川渉市長は「夢のある話だ。協力して進めていければ、“イチゴのまち草津”をブランド化できるかもしれない」と話している。

わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」−横浜検審(時事通信)
彬子さま、英国へ出発(時事通信)
直木賞で宮城谷選考委員が講評「2作は決選投票で同数票」(産経新聞)
「年収制限撤廃と数次ビザ」中国人外国客誘致でビザ緩和策(産経新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 18:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
パチンコ攻略
自己破産
審査 甘い キャッシング
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 即日
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM